ロゴ
HOME>コンテンツ>野菜不足かもと感じたら〜青汁を積極的に摂ってみる〜

野菜不足かもと感じたら〜青汁を積極的に摂ってみる〜

野菜

一日に必要な野菜の量は現代人はなかなか摂れない

成人なら一日平均350g以上、これは栄養状態を考える上で、厚生労働省が示した野菜の摂取目標値です。一食あたり100gちょいで済みますから、一見簡単そうに見えますが、なかなかどうして、現在日本人でこの目標をクリアしている人は非常に少ないとされています。しかも驚くことに、野菜嫌いと言われる若い世代だけでなく、年配世代も含めて全ての年代に足りていないそうです。確かに葉物野菜は軽いですから、サラダを沢山食べたつもりでも、実際はそれほど食べていないのかもしれません。ですが、この頃では非常に飲みやすい青汁が揃っておりますので、野菜不足も簡単に解決できるようになっています。しかも青汁なら水などに溶かしてゴクッと飲むだけで良く、忙しい人でも無理なく続けられるのは嬉しいポイントです。水のほか、牛乳やヨーグルトに混ぜてもおいしく頂けますから、野菜不足でお悩みなら、その栄養をしっかり取れる青汁で解決致しましょう。

野菜

酵素が活きている青汁ならより健康に効果的

食べた物を円滑に消化できるよう分解するなど、酵素は栄養の吸収や代謝活動も含め、ヒトの健康維持には欠かせない成分です。とは言え、酵素はとても熱に弱く、およそ48度まどの温度しか耐えられないとされています。日本酒の熱燗が概ね50度ですから、加熱した料理から活きた酵素を摂取するのは、ほぼ絶望的と言って良いでしょう。そのうえ酵素は加齢によってどんどん減少するため、特に中年以降の世代では、野菜不足と相まって由々しき事態となっています。ところが、そんな場合にも頼りになるのが青汁で、とりわけ活きている酵素を含む青汁なら、緑黄色野菜と酵素の2つの健康パワーを同時に摂取できるのです。そのことで一層健康に寄与してくれますので、同じ飲むなら元気な酵素がタップリ入った青汁がおすすめです。もちろん、飲む時はせっかくの酵素が壊れないよう、溶かす水などの温度には十分留意しましょう。

広告募集中